厳選ワインを
世界中から
お届けします。

ワインショップ グラン・ヴァン18区 店長
日本ソムリエ協会認定
シニアワインアドバイザー
山岡英樹

Question01

あなたの業務にどのようなやりがいを感じていますか?

「ワインって美味しい!楽しい飲み物だ!」
と実感する人を
一人でも多く増やしたいと思っています。

自分自身の言葉でお勧めしたワインを購入されたお客様から後日「美味しかったよ!」というお言葉を直接頂けることです。
非常に嬉しく、「また美味しいワインご案内したい」という気持ちが生まれます。
またその言葉を頂きたい、という思いで勉強し経験を積む糧となります。
現在はワインショップのほか、系列レストランのワイン管理も担当しています。
得意な技能を活かして仕事の幅が広がることもやりがいのひとつです。

Question02

イベントスへの入社の決め手はどのようなことですか?

背中を押してくれた先輩の言葉をきっかけに、
社長の熱意想いに惹かれました。

イベントスに入社する以前からワイン販売に携わっておりました。
前職の先輩がイベントスに入社しており、その先輩が自分の力が必要だと言ってくれたことが最初のきっかけです。社長面接の際に川中社長の熱意、想いというのを間近で感じ、イベントスへの入社を決意しました。
ワインに携わり続けたいという気持ちは変わりませんが、「売上至上主義」の会社よりも「理念」や「社員満足」を掲げたイベントスのような会社こそ私自身の力を発揮できるのではないか、という意識の変化もありました。
入社してからは 、「食」にまつわることを「プロ意識」を持って臨む会社だと肌で感じ、ワイン販売のプロとして頑張ろうと背筋を伸ばした思い出があります。

Question03

これまでに印象に残ったエピソードは
どのようなことですか?

「チャレンジ休暇」制度での海外旅行は、
スタッフの後押しがあったからこそ
実現しました。

この会社の特色でもある「チャレンジ休暇」制度を利用した時のことです。
「チャレンジ休暇」とは、毎月の休みを貯金し、最大1か月の連休取得が可能なイベントスのユニークな休暇制度です。
2013年の冬、10日間「チャレンジ休暇」を利用してフランスのブルゴーニュ地方やシャンパーニュ地方などワイン産地を旅しました。
印象に残っていることは、スタッフからの後押しです。
「折角だから行ってこい」「店はしっかり守るから心配するな」など心強い言葉をもらったからこそ憧れのワイン産地巡りに行くことができました。
私も他のスタッフがチャレンジ休暇を取るときは「思う存分楽しんで来い!」と言いたいです!そして休暇の間に経験したことをワイン販売に活かすことも「チャレンジ休暇」という名前に沿って大切な役割だと感じています。

MESSAGE

この会社は「空振りの三振」大歓迎の会社です。
やらない失敗よりやった失敗を歓迎します。
「経験」は無くとも「想い」はあるはず!その想いを実現させるために、この会社でまずは空振りをしてみましょう! いつかバットに当たる日が来るかもしれないし、バットに当てるための知恵が出るかもしれない!
この会社はまだまだ発展途上です! 人それぞれの個性を発揮して一緒により良い会社に変えていきましょう!