さらなる目標を持ち、
成長して行きたい。

吉山BIANCO
店長 料理長
浅津啓介

Question01

あなたの業務にどのようなやりがいを感じていますか?

後輩の成長が自分の成長にもつながる
喜びを感じています。

自ら行動すれば、多くの知識、やりがいのある仕事を得ることができます。
年齢問わず、会社の理念に基づいた行動が評価されます。若手だからという理由で仕事を任せない、そんなことはイベントスにはありません。
行動した分だけ、責任もついてきます。目標を達成することで、達成感を感じることができ、それがやりがいに繋がっています。
一つの例として、私は直属の後輩を指導することによって共に成長しています。
そうすることでチームとしての信頼関係が高まり、日々できる仕事が増え、顔つきも変化します。そのようにして後輩が成長をしてくれていることに上司としてやりがいを感じます。
私たちはただの里山にあるレストランではなく、農園レストランとして野菜たちに毎日水をやったり、草を抜いたり手入れをしています。
育てた食材をお客様に提供し、笑顔で「また来るね!」と言ってくださるその一言にやりがいを感じます。

Question02

イベントスへの入社の決め手はどのようなことですか?

自分を高める目標をイベントスで叶えたいと思いました。

酔心調理製菓専門学校の企業説明会でイベントスを知りました。
川中社長がイベントスの事を誇らしげに語り、里山に建てる新店舗の構想について拝聴し、どんな場所でどんな新店舗が出来るのだろうか、と興味を持ちました。後日、会社説明会で新店舗が出来る予定地を見学する機会がありました。
駐車場とビニールハウス、そして周りは山に囲まれた殺風景な場所。未完成の状態でしたが、入社すればオープンスタッフとして携われるのではないか、という期待を抱きました。
その後、見学で市内のビストロ・ド・イベントスで食事をした際に総料理長の作ったキッシュを食べました。感動的な美味しさで、総料理長の調理技術を学び、味わったキッシュ以上の料理をお客様へ提供することが目標となり、イベントスへの入社を志望しました。

Question03

これまでに印象に残ったエピソードは
どのようなことですか?

地域の方に守られ愛される
『一番店』を目指して。

吉山BIANCOに所属して一年半を経て、始めてお客様へ自分が作ったパスタを提供したときのこと。お帰りの際に「お味はいかがでしたか?」と質問をすると、「とても美味しくて優しい味でした。ほっこりしました。またあなたのパスタを食べに来ます!」と笑顔で言われた言葉に大きな喜びを感じました。
また、吉山BIANCO開業3年目、冬場の夜は連日大雪で客足が遠のく営業日が続いていました。
そんなある日、地域の方々がぞろぞろと集まり宴会を始められました。
後日、「遠方の客が来られない日は、わしらが守っちゃらんと!」という発言を聞き、地域の方からの愛を感じると共に、吉山BIANCOは地域に愛される『一番店』にならなければと思いました。
吉山地域という片田舎での店舗運営、地域の方々との関わり合いがとても大切だと実感させられたエピソードです。

MESSAGE

チャレンジした人間にチャンスをつかみ取る権利があります。行動に責任を持たないといけない厳しさはありますが、スタッフ皆と力を合わせて達成したときの喜びは一人の時より大きく、やりがいを感じます。
自身の未来を考えてください。ただ漠然と会社を選ぶのではなく自分が本当に頑張れる仕事なのか、仕事を続けていけるのかなど、会社を見極める事は非常に需要です。
10年後の自分を思い描いた時、誇りを持ち、力を発揮できる会社なのかを、よく検討してください。
私自身、入社当初はやりたいことが出来ず、先走って空回りし、ミスに繋がったことが何度もあります。その度に周りにいる先輩方がフォローをしてくれました。誰でも始めの頃は大変です。しかし成長を実感できたときに次も頑張ろう!とやる気がでます。
チームとして何でも相談できる環境を作り、サポートします!
一緒にがんばりましょう!