吉山から全国へ
笑顔と美味しさを
届けます

Oishï吉山
店長
田中里奈

Question01

あなたの業務にどのようなやりがいを感じていますか?

地域の方々と協力しながら
様々な活動を通して
信頼の輪を広げています。

イベントスの活動を通して吉山地域の方たちと信頼関係を築き、吉山地域の魅力を発信し、活性化のお手伝いが出来ることです。
Oishï吉山では様々な商品を取り扱っていますが、主軸は野菜の産直市です。
2016年のオープン当初、取引農家さんは5件~10件程度で野菜の種類、数量が限られていました。
農家さんからは「こんなに出しても売れない…」などネガティブな声もありましが、まずは信頼の輪を広げ、親密な関係を築くために、コミュニケーションを重視した営業活動を行いました。
1年後、徐々に新規の取引先が増え、珍しい野菜を栽培し、販売の一助を担う仲間が増えてきました。
新規事業は課題が山積みです。それでも、地域の方たちと協力をしながら、責任ある仕事を日々行うことで、常にやりがいを実感できると信じています。

Question02

イベントスへの入社の決め手はどのようなことですか?

学生時代に学んだフェアトレードにもつながる
事業構想を魅力に感じました。

学生時代は関西の大学で、「貧困をつくる原因」について学び、フェアトレード推進部に所属し、フェアトレードの商品(売り手が適正な価格を受け取れる)を学内で販売していました。
就職活動では、勤務地を地元広島に絞り、起業研究をする中、偶然足を運んだ合同説明会でイベントスを知りました。
説明会で川中社長より「農家さんの賃金を今より上げる仕組みを作る!」という新規事業構想を拝聴し、学生時代に取り組んでいた活動との共通点から、興味を持ったことがきっかけです。
また、仕事が限定されず、いろいろな業務に携わる働き方を通し、多くの経験・学びがあるのではないか、という点を魅力に感じ、入社を志望しました。

Question03

これまでに印象に残ったエピソードは
どのようなことですか?

常連のお客様とのつながりが
新規事業成功の糧となりました。

入社当初の配属先「スパゲティ処 吉山BIANCO」にてホール業務をしていた頃、飲食店の勤務経験がなかったため、ホールスタッフとしての仕事を1から教わる日々でした。
ホール業務に一通り慣れ、お客様と会話を楽しむ機会が増え、顔と名前のわかるお客様ができ、常連様が名前を呼んでくれるようになりました。
入社3年目に新規事業Oishï吉山の店長に任命され、不安な気持ちが大きかったですが、吉山BIANCOから多くの常連様が足を運んでくださり、声をかけて応援してくれました。
お客様からの温かい言葉が本当にありがたく、大きな励みになりました。

MESSAGE

20代の若いうちから責任ある仕事を任されます。
やりがいが実感できる仕事、チャンスがたくさんある会社です。
困難に立ち向かう途中、嫌になることもありますが、そんな時、周りを見渡せばイベントススタッフや吉山地域の方々の変わらぬ支えや期待に気付かされ、心からありがたいと思えます。
挑戦しないと味わえない達成感を日々実感できます!
プライベートの面では、「チャレンジ休暇」制度を活用することで、仕事だけでは学ぶことができないことにも挑戦できます。学びと成長を大切にする会社です。
一緒にいっぱい挑戦してみませんか!