これまで培った技術や
知識などを踏まえ、
更なる成長へと
日々鍛錬しています。

和飲家ビストロ・ド・イベントス
料理見習い
若林凌

Question01

あなたの業務にどのようなやりがいを感じていますか?

これまで培った知識や技術を
目の前のお客様に提供することが
自信につながります。

セントラルキッチン在籍時はケータリングで100名を超えるお客様の料理対応をしており、大量の食材の仕込みがありました。
そのため、多くの食材を知り、調理する実戦経験を積むことが出来ました。
また、野菜のカット方法、魚の捌き方、デザートの基礎知識などの社内勉強会に参加したことで、知識・技術を得ることが出来ました。
ケータリングの料理を担当していた時期は、お客様の反応を見る機会は少なかったですが、現在働いているビストロ・ド・イベントスはオープンキッチンのレストランです。
セントラルキッチンで培った知識・技術を目の前にいるお客様へ提供することで自信とやりがいを感じます。

Question02

イベントスへの入社の決め手はどのようなことですか?

自分自身の成長に誇りを持てる経営理念に強く惹かれました。

幼い頃から食に携わりたいという気持ちが強くあり、高校卒業したらすぐに飲食業に就きたいと考えていました。
また、私の実家は飲食業を営んでいます。
経営者でもある父の紹介でイベントスを知り、HPで各店舗の紹介や経営理念について拝見し、更に興味を持ちました。
その中でも強く興味を惹かれたのが、経営理念でもある「誇りと豊かさを育みます」という一文です。自分自身の成長と飲食に対して誇りを持てるのだ、と思ったことが入社を志望した決め手です。

Question03

これまでに印象に残ったエピソードは
どのようなことですか?

ご要望に合わせた料理の提供が
求められるケータリング事業により
経験値を積むことができました。

ケータリング事業は、通常のレストランのような対面でのお客様からのオーダーではなく、パーティープランナーを通して設営や料理提供を行います。
直接お客様を目の前にしての料理提供を行わない場合は、その場で感想を聞く機会が少なく、パーティー終了後にアンケートや会場スタッフの声を通して感想を知ることができます。
その他、食べ残しの量や料理内容を確認し、スタッフ間で反省、情報共有をすることで次のケータリングに活かす作業を毎回行っていました。
歓迎会、懇親会などパーティー内容や客層に合わせた料理内容の提供が求められる為、1件1件のケータリングを終えるたび、経験値を積むことが出来ました。
その経験が現在の店舗での、お客様への料理提供、付加価値を考えたサービスを考える基盤となっています。

MESSAGE

私は工業高校出身で、高校卒業後すぐにイベントスに入社しました。
「食に携わりたい」という気持ちは強くあったのですが、入社当初は包丁の正しい使い方、調理器具、食材の名前などプロとして料理知識が足らないところからのスタートでした。
イベントスの魅力は、フレンチ、イタリアン、和食など様々な専門料理の料理人が在籍している事です。
そして、学べる機会、環境があります。
料理知識が無いところからですが、今こうして毎日やりがいを感じながら「食に携わりたい」という気持ちを持ち続けて仕事ができているのも、そういった環境があるからです。
入社をご検討されている方は、まず一度イベントスの料理を食べに来てください。お待ちしております。